2010年04月17日

東北新幹線 新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)

 東北新幹線の新青森延伸について、JR東日本と鉄道建設・運輸施設整備支援機構は15日、12月初旬の営業運転開始を決めた。開業日は5日を軸に最終調整している。JR東日本が地元の意向に応えたもので、来月にも発表する。60年12月にディーゼル特急「はつかり」が上野−青森間で直通運転を開始して以来、半世紀を経て首都圏と本州最北端が新幹線で結ばれる。

【関連記事】東北新幹線:八戸−新青森駅間で走行試験

 八戸−新青森間(81.8キロ)の開業は、九州新幹線博多−新八代間(130キロ)と同時の来春を予定していたが、工事が予定より早く完了。早期開業の要望が相次いでいた。

 東北地方の12月は厳寒期に入るため、長距離旅客が一時的に減少するが、JR東日本は沿線住民の利便性向上を最優先に判断。1年で最も混雑する年末年始輸送を円滑に進めることも目指し、異例の3カ月半前倒し開業を決めた。

 東京−新青森間の所要時間は開業当初、「はやて」の「E2系」で運行するため3時間20分。来年春以降は、スーパーグリーン車を設置した次世代新幹線「E5系」の導入で10分程度短縮される。12年度末からは国内最速の時速320キロ運転で3時間5分となる。

 運行ダイヤは8月に公表するが、現行の東京発八戸行き定期列車15往復を新青森まで延伸する。来年春以降に「E5系」3編成を投入し、13年度末までに全車両を高速化する。

 新青森以北は北海道新幹線として、新函館までの149キロが延伸工事中。15年度末に開通予定で、東京−新函館間が最短3時間40分となる。

 ◇新大阪直通1時間1本 九州新幹線

 一方、JR九州と西日本は、来年3月中旬のJRグループダイヤ改正で、九州新幹線鹿児島ルート(博多−鹿児島中央間、256.8キロ)を全線開業するが、1時間に1本程度、山陽新幹線との相互直通運転(新大阪−熊本・鹿児島中央間)を開始する方針を決めた。【斎藤正利】

【関連ニュース】
【写真特集】東北新幹線:新型車両E5系を公開 ロングノーズが特徴 09年6月
【写真特集】新幹線つばめ:新800系を陸送 鹿児島 10年3月
【写真特集】次世代新幹線「E5系」:東京駅に初乗り入れ 2009年12月
【写真特集】新幹線:さよなら、500系のぞみ号 2010年2月
【写真特集】新幹線図鑑

<仙谷担当相>官僚が「事務系副大臣」 事務次官代替で検討(毎日新聞)
<火災>強風で8棟焼き延焼中 札幌(毎日新聞)
ヒト属祖先? 新種猿人 南アフリカ、190万年前の化石(産経新聞)
寛仁さま、トルコへ(時事通信)
ヒロミさんが接触事故 東京・港区(産経新聞)
posted by ワカマツ シゲミツ at 09:44| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

不正経理に監視ポスト 総務相、省庁の対策を調査(産経新聞)

 原口一博総務相は13日、業者に架空の物品購入費を支払ってプールさせるなどの手口を使った不正経理が中央省庁で相次いだことを受け、今月から全省庁を対象に、不正防止対策や内部監査の実施状況を調査すると発表した。

 省庁の業務を点検する総務省の行政評価の一環で、6月末にも結果を公表。防止策が不十分な場合は、さらに踏み込んだ実態調査や改善勧告を行う。

 国の行政機関の不適正な会計経理について、内部告発や国民からの情報提供を郵送や電子メールで募集する「会計経理監視ポスト」も設置。募集要領を総務省のホームページに近く掲載して、5月末まで受け付ける。平成22年度は不正経理のほかハローワークの職業紹介業務、児童虐待の防止対策、検定や資格制度の利用者負担の状況なども対象とする。

社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)
鳥取市長に竹内氏3選(時事通信)
ペット死体不法投棄容疑、業者の元町議を逮捕(読売新聞)
福岡競艇場に両腕漂着!諸賀さんの遺体の一部と確認(スポーツ報知)
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
posted by ワカマツ シゲミツ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

鳩山政権 「政治主導」出遅れ…関連法案後回し(毎日新聞)

 鳩山内閣が掲げる「政治主導」の態勢整備が遅れている。本来は新年度が始まる4月1日には国家戦略室の「局」への昇格や、幹部公務員人事を一元化する内閣人事局の新設、副大臣・政務官の15人増員を果たすはずだったが、一つも実現していない。子ども手当や高校無償化などの法案を優先し、政治主導関連法案の審議入りが遅れているためだ。政策立案や公務員人事に悪影響が生じる恐れがあり、与党は関連法案の早期成立を目指す。

 関連法案は(1)内閣人事局を新設し、幹部人事を一元化する国家公務員法等改正案(2)国家戦略局や行政刷新会議の法的位置付けを明確にする政治主導確立法案(3)副大臣、政務官を15人増員する国会改革関連法案−−の3本。

 平野博文官房長官は1日の記者会見で「公務員法改正案から審議入りしてもらいたいと(3月31日の)政府・民主党首脳会議でも申し上げた」と語った。仙谷由人国家戦略担当相が内閣人事局の下での幹部人事を実施するため各省に異動凍結を指示しており、成立が遅れるほど人事もずれ込むためだ。与党は5月中の成立を目指す。

 他の2法案の成立はそれ以降にずれ込む見通しで、6月16日の会期末までの成立を危ぶむ声も出始めた。鳩山内閣の「車の両輪」とされる国家戦略室と行政刷新会議を1人で担当する古川元久副内閣相は1日の会見で「たくさん働け、ということだ。一日も早く(法案を)通していただきたい」と苦笑いした。

 整備の遅れは4月下旬から始まる「事業仕分け第2弾」にも影響する。昨秋の第1弾では「仕分け人」の権限があいまいなことが野党から問題視された。このため第2弾では行政刷新会議を法的に定義した上で、仕分け人の国会議員の一部を増員後の副大臣、政務官に起用して批判を回避する予定だったが、そのシナリオは崩れた。

 一方、平野官房長官の担当分野が幅広いことへの懸念が首相周辺に広がっている。仙谷氏が首相官邸内に個室を持つことになったことで、官邸内には「仙谷さんにも政策調整を担当してもらってはどうか」との声も上がっている。当面は現在の陣容でやりくりせざるを得ない状況だ。【田中成之、影山哲也】

【関連ニュース】
鳩山首相:参院選「2人当選に全力」
普天間:「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相
普天間:「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相
民主党:参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も
参院選:政府・民主党 マニフェスト策定へ実質議論を開始

<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
<常磐道引きずり死>運転過失致死罪で男有罪 水戸地裁判決(毎日新聞)
強風、総武・京葉線動かず…羽田84便欠航(読売新聞)
首相、普天間の危険性除去「2014年までに」(産経新聞)
<ゆるキャラ>仏教界にもブーム?(毎日新聞)
posted by ワカマツ シゲミツ at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。