2010年05月19日

もんじゅ運転員を再教育 操作ミスで制御棒トラブル(産経新聞)

 日本原子力研究開発機構は13日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の制御棒操作について運転員の再教育を始めた。6日に運転を再開したばかりだが、10日に運転員の操作ミスで制御棒の挿入が中断するトラブルがあったため。原子力機構はプラントの運転資格を持つ約60人全員の再教育を20日までに終える方針だ。

 トラブルは制御棒が完全に挿入される直前に挿入速度が遅くなることを当日の運転員が知らず、全挿入に必要な挿入ボタンの長押しをしなかったため、制御棒が残り3ミリの位置で停止した。経済産業省原子力安全・保安院が対応を求めていた。再教育の内容は注意事項や操作方法の確認、シミュレーターを使った訓練など。

【関連記事】
もんじゅ 運転員が操作法知らず
もんじゅでまた警報作動
【News解説】高速増殖炉もんじゅ、14年ぶり再開
もんじゅ再生 増殖炉を上手に育てたい
再開のときを待つ高速増殖炉 高まる緊張感
少子化を止めろ!

民主党、政策アンケート公表 子ども手当は「現行のままで」(産経新聞)
【お財布術】「アンテナショップ」編 10分で味わえる全国旅行(産経新聞)
成人年齢、早期引き下げ困難=千葉法相(時事通信)
プラネタリウム楽しみ=一時帰国の山崎さんが会見(時事通信)
対北で閣僚に協力要請=岡田外相(時事通信)
posted by ワカマツ シゲミツ at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。